カラコン製造方法はどれが一番、安全なのか?

いざ、カラコンを購入しようとすると各社色々な製造方法でレンズが製造されており、どの方法が一番安全なのか困惑する方も多いのではないでしょうか。
そのような方へ、ご参考になればと思います。

 

まず、カラコンレンズの製造方法には、主に「サンドイッチ製法」「キャストモールド製法」「セミキャストモールド製法」「スピンキャスト製法」の4つがあります。
このうち、現在、主流となっているのは、「サンドイッチ製法」と「キャストモールド製法」の2つです。

 

サンドイッチ製法とは?

レンズとレンズの間に色素(着色料)を挟み込む製法のことで、色素が瞳に直接触れることがないので、もっとも安全性の高い製法です。

 

ただ、この製法では2枚のレンズを合わせて1枚のカラコンを作っているので、やや厚くなってしまう為に、人によっては違和感が出たり、目が乾燥したり、あるいはレンズが目に張り付いてしまうといったトラブルの原因になります。

 

ただ、最近では製造技術が向上したことで、サンドイッチ製法のレンズでもかなり薄くて柔らかいものが多くなってきたので、目のトラブルが起きることはほとんどなくなりました。
心配な人は、口コミなどで評判を調べて、付け心地をチェックしてみるといいでしょう。

 

キャストモールド製法とは?

この製法はは、カラコンのレンズをどうにか薄くできないかと考え、作り出された新しい製法です。サンドイッチ製法のように2枚のレンズを合わせるのではなく、レンズの原料と色素を混合して“型”に入れてレンズを鋳造するというものです。

 

この製法では、レンズの原料に色素を混ぜ込むので、薄くて柔らかいレンズを作ることができます。ただし、レンズが薄い分、傷がつくと色素が直接瞳に触れる危険があるため、「安全」という点ではサンドイッチ製法のほうが優れているとされています。

 

とはいえ、レンズの洗浄をきちんとしたうえで丁寧に扱い、正しい装着方法を守って使用すれば、こうしたトラブルが発生する確率は極めて低いので、どちらの製造方法でも問題が生じることはなく、安全性の高い製法だと言えます。

 

セミキャストモールド製法とは

「セミキャストモールド製法」は、レンズの外側を着色料で染めて、その上から特殊なポリマー素材で覆う製法です。この製法では、着色料が直接目に触れる危険もなく、薄いレンズを作ることができます。

 

スピンキャスト製法とは

「スピンキャスト製法」は、レンズを回転する機器の上で作る製法で、遠心力を使ってレンズを円形に仕上げます。回転中にレンズ素材に色素を流し込むので、出来上がったレンズの中に色素が入り、目に直接触れることはありません。

 

「セミキャストモールド製法」と「スピンキャスト製法」は、どちらも安全な製法なので、基本的には問題ありませんが、ごく稀に不良品が混入していることがあるので注意が必要です。

 

 

安全な製造方法は?

セミキャストモールドやスピンキャスト製法は色素が溶け出して目に直接触れてしまって炎症を引き起こす可能性があるので、より高い安全のためには、やはり信頼度の高い「サンドイッチ製法」や「キャストモールド製法」のカラコンレンズを選ぶようにしましょう。

 

また、どんな製造方法でも不良品が出る可能性はゼロではないので、信頼できるメーカーの製品を選ぶことも大事です。

 

 

安全なカラコンの選び方

調査の結果、一番人気のカラコン通販はココでした