カラコン用の目薬は潤い成分を目安に!

カラコンを使用している人が訴える不快感の代表的なもののひとつに「目が乾く」「目がショボショボする」といった、乾燥によるものがあります。

 

 

こうした不快感は、普通のコンタクトレンズを使用している人からも聞かれますが、カラコンは色素(着色料)が入っている分、普通のコンタクトレンズよりもレンズの厚みがあるため、酸素透過率がかなり低くなっています。
これは、きちんと法律に従って「医療機器」の承認を受けた品質の高いカラコンでも同じことで、長時間つけているとどうしても目が乾くといった症状が出てしまいます。

 

 

人によっては、まったく症状があらわれない人もいれば、時々、ショボショボする程度の人もいれば、毎回、乾いて辛いという人もいるなど、症状の有無や程度は人によってまちまちです。
目の乾燥を予防・改善する方法として効果的なのは、こまめに水分を補給することと、長時間の使用を避けるということです。

 

 

水分補給としては、目薬を使用するのが一番です。

 

 

しかし、普通の裸眼用の目薬は、カラコンに合わない成分が入っていることがあるので、場合によってはカラコンのレンズが変形するなど、カラコンを痛めてしまうことがあるので避けたほうがいいでしょう。

 

 

また、スーッと清涼感のある目薬は、目の疲れを緩和する効果はあるものの、カラコンが乾く人には適していません。なぜなら、清涼感の成分によって、かえって目の水分が奪われてしまうことがあるからです。
爽快感を重視する人には向いていますが、目の乾燥を改善したい人には不向きと言えます。

 

 

カラコン装着時に使う目薬は、やはりカラコン専用の特別な目薬を使うのがベストです。市販の目薬の中には、防腐剤フリーの使い切りのコンタクト用目薬があるので、こうしたものを使用しましょう。
使い切りではない目薬は、たとえ「防腐剤フリー」と記載されていても、一般に「防腐剤」とは呼ばれない他の毒性の高い成分が入っていることがあります。

 

 

さらに、目の潤いを重視した目薬を使うことで、目の乾きを効率的に改善することができます。
カラコンを装着したままでも使用できる目薬には様々な種類がありますが、その中でも清涼感を感じさせる成分が含まれていない、潤い成分の豊富な目に優しいものを選ぶと乾燥を防ぐことができます。

眼科で処方してもらうとより安心

眼科医で防腐剤を含まない目薬を処方してもらうのも、ひとつの方法です。
その時、目の検査をしてもらえば、より安心です。目薬を使っても目の乾きが改善されない場合は、カラコンが目に合っていないなど他の原因も考えられるので、使用しているカラコンそのものを見直してみる必要もあるでしょう。

 

 

コンタクトが自分の目に合っているかどうかを眼科で確認をしてもらい、そのうえで適切な目薬を出してもらうのもいいでしょう。

 

 

また、ドライアイなどの影響でもともと目が乾燥しやすい人は、目薬を使ったとしても長時間、カラコンを使用するのは目に大きな負担をかけることになります。
そうした場合は、無理にカラコンを使い続けず、いったんカラコンを外したうえで、目薬でしっかりと水分を補給しましょう。

 

カラコンを付けることで目が乾燥するのを防ぐうえでもっとも重要なことは、決して無理をしないということです。無理に使い続けて目を疲れさせる前に、早めにカラコンを外すことが大事です。

 

 

後になって目の重大なトラブルを引き起こして眼科に通うことにならないように、普段から無理なく使いこなせるようになりましょう。
目は一生使う大事なものです。そして、カラコンは、その大事な目に直接触れるものなので、使用に際しては細心の注意が必要です。

 

 

もし、ちょっとでも不快な症状が出たら、できるだけ早めに眼科医に相談し、適切な処置を受けましょう。また、問題がなかったとしても、気づかないうちに目に傷がついていることもあるので、3ヶ月に1回は眼科医院で定期検査を受けるよう心がけましょう。

 

眼科の検査方法とその流れについて

調査の結果、一番人気のカラコン通販はココでした