カラコンを利用すると目が充血する原因のアレコレと解消方法

カラコンやコンタクトレンズを使用していると、時々、目が充血する人がいます。

 

【要チェック!】 殆どの方の原因はカラーコンタクトにあります!
  • 購入したカラコンが不良品である
  • 水分が不足している
  • 酸素が不足している
  • レンズに傷がついている

 

カラコンが不良品である場合、放置すると結膜炎や角膜新生血管、角膜潰瘍などの病気につながる恐れがあります。充血をしたらすぐにカラコンを外して、専用の目薬を点眼し、装着を控えましょう。

 

「水分が不足している」「酸素が不足している」場合ですが、そもそも目には「酸素」が必要です。
カラコンやコンタクトレンズを装着すると酸素が少なくなります。特に使用期間が長い1年タイプや1ヶ月タイプのカラコンは、耐久性をもたせる為にレンズを厚く製造しなければなりません。
その上に色素をレンズ素材に混合したり、挟んでいるため、その分、普通のコンタクトレンズよりもさらに酸素透過性が低くなるので、どうしても目のトラブルが起きがちです。
使用するなら、酸素の通しやすいワンデーカラコンの使用をおすすめ致します。

 

ここが一番多い!⇒レンズに傷がついている場合、そんなことは無い!と感じている方も多いかと思いますがカラーコンタクトの製造は非常に繊細な作業なので工場で機会で大量生産している場合、人による目視チェックができない為、レンズに傷がついていたり・色素が固まっていたりと不良品が非常に多いそうです。

 

特に、価格の安いカラーコンタクトは、人件費をかけていないことが殆どなので、そのようなチェックは行ってないのが原状です

 

その結果、購入したカラコンがそもそも不良品であり、それが原因で目が充血したり、痛みが生じたりする原因が実際一番多い原因と言われております。

 

上記が理由の場合は購入しなおすことを、おすすめ致しますが、購入する際はワンデータイプであることと、製造時に人による目視チェックをしていること、どんな理由であれ返品交換を対応しているメーカーで購入するようにしましょう。
オススメと致しましたは以下の2社は国内の製造工場で人による目視チェックもしており、ヴィーナスアイズに関しては完全返品対応です。

 

【原因@】 カラコン初心者である場合

特に、はじめてカラコンを使用する人は、最初のうちはゴロゴロと違和感を感じたり、痛みが出る場合もあります。

 

この理由は私たち人間の目にとってカラコンやコンタクトレンズは「異物」であるため、こうした症状は当然の反応と言えます。

 

しかし、回数を重ねることによって目がカラコンに慣れて、不快な症状は消えていくのが一般的です。そのためには、通常1週間程度の時間がかかるケースがほとんどです。

 

【原因A】 目に問題がある場合

もし、1週間が経過しても充血などの症状が解消されない場合は、単なる「慣れ」の問題ではなく、他に原因がある可能性があります。
カラコン初心者が使用を開始してから1週間以上たっても目の充血が解消されない場合の原因として考えられるのは、そもそも目に問題がある場合もあります。

  • ドライアイである
  • アレルギーがある

などが挙げられます。
この場合は一度、眼科にいって相談してみましょう。

 

眼科での検査について

 

【原因B】 使い方が間違っている
  • カラコンを長時間着用している
  • レンズが汚れている
  • ベースカーブが合っていない

 

カラーコンタクトの装着時間というものは決まっております。

 

充血の原因が、長時間使用にあると考えられる場合は、充血が治まってから、段階的に装着時間を長くしていき、少しずつ目をカラコンに慣らしていくといいでしょう。最初の3日目までは3時間以内、問題なければ4〜6日目までは6時間以内、これで不快な症状が出なければ、7日目以降は8時間以内といったように、徐々に装着時間を伸ばしていくといいでしょう。

 

この、段階的に慣れていく方法は、はじめてカラコンやコンタクトレンズを使用する人にも有効です。充血などの症状がない人でも、カラコンの使用は最大でも1日8時間までにしましょう。
付けっ放しで寝てしまったり、何日も付けたままにするのは厳禁です。

 

また、充血の原因がレンズの汚れにあると考えられる場合は、洗浄剤で丁寧にレンズを洗浄し、しっかりと消毒を行ないましょう。
(使用期間1ヶ月や1年タイプのカラコンを利用している方は要チェックです。)

 

充血した場合の対応について
現状のカラーコンタクトで目が充血した場合は、目がレンズを異物として認識し、違和感を感じたり、角膜が酸素不足になっていることを知らせる合図なのです。

 

目が酸素不足になると、それを補うために、酸素を運ぶ血液が目に集まってくるため、充血が起きるのです。

 

また、角膜が傷ついて炎症を起こすと、傷を治すために血液が集まってきて、充血することになります。カラコンを外して一晩たつと充血が治まることもありますが、再度、装着すると充血するといったことを繰り返していると、症状はどんどん悪化してしき、取り返しのつかないことになる可能性もあります。

 

上記に記載している考えられる原因を排除しても充血したり、痛みを感じる場合は、早めに眼科で検査してもらい、適切な処置を受けましょう。

 

カラコンは目に直接入れるものなので、装着時間や正しい使用方法をきちんと守ることでトラブルを防止することができます。

 

もし、充血や痛みなどが続く場合は、早めに眼科に相談しましょう。

 

 

調査の結果、一番人気のカラコン通販はココでした