ハーフ顔になれるカラコンの選び方

 

今、芸能界ではハーフのタレントやモデルのほか、ハーフっぽいルックスのタレントが大人気です。そんなこともあって、「私もハーフ顔になりたい!」という女性がたくさんいます。

 

メイクやヘアースタイルなどを工夫して、なんとかハーフっぽく見せようと奮闘しています。しかし、顔の印象を大きく左右する“目”が、コテコテのニッポン人のままでは、どんなに努力しても、鏡の中のあなたはやっぱり日本人のままです。

 

そんなときこそ、カラコンの出番なのです。手っ取り早くハーフ顔になるには、カラコンは欠かせない存在です。とはいえ、カラコンさえ付ければハーフ顔になれるというほど簡単なものではありません。

 

 

では、どんなカラコンを選べば、憧れのハーフ顔になれるのでしょうか?
まずは、カラー選びが重要です。

 

ハーフ顔になりたいということは、いわば「脱日本人」ということです。日本人特有の「黒い瞳」のままではハーフ顔にはなれません。
カラコンは、ブラック系は避けて、はっきりとしたカラーの着いたものを選びましょう。

 

 

具体的には、ブルーやグリーン系がベストです。
特にブルーは、「青い瞳」と表現されるように、外国人やハーフの人にとても多い色なので、黒い瞳の日本人がカラコンで変身する時にもっとも選ばれる色です。

 

 

同じブルー系でも、濃いものと淡いものがあるので、自分の好みや顔の雰囲気に合わせて試してみるといいでしょう。ただし、ブルー系は「ハーフ顔」というよりも、完全に「外国人顔」になってしまうことがあるので要注意です。

 

 

目鼻立ちがはっきりしていないと似合わない可能性もあるので、まずは自分の顔をよく観察して、特徴をつかんでおくことも大事です。ブラウン系の場合は、できるだけ色が薄く、発色の良いものを選びましょう。
日本人の目というのは、一見すると黒のように見えますが、実はかなり濃いブラウン系なのです。

 

 

そのため、自分の黒目と合わせてブラウン系のカラーを選ぶと、どうしても元の色に負けて、発色が悪くなり、せっかくのカラコンの色が暗くなってしまい、ハーフ顔になることはできません。特に、顔の彫りが浅い、典型的な日本人顔の人は、目の色を明るくしなければハーフ顔になれないので、カラコンを選ぶ時は色の濃さと発色にも気をつけましょう。

 

 

また、グレーやピンク、オレンジ、パープル系のカラーは、ちょっと派手になり過ぎて、自然なハーフ顔になるのは難しいかもしれません。自分の顔立ちとよく相談してから決めましょう。

 

ハーフ顔になるうえでカラーの次に重要なのは、カラコンの「フチ」です。

 

 

カラコンには「フチあり」と「フチなし」の2つのタイプがありますが、「フチあり」のほうがより目の大きさや目ヂカラが強調されるので、顔立ちに自信がない人にはオススメです。
目にカラーを付けただけでハーフ顔になるという潜在能力の高い顔立ちの、いわゆる「濃い顔」の人は、「フチなし」のカラコンでも十分にハーフ顔になれるでしょう。

 

 

また、カラコンの模様は、着色の仕方がグラデーションになっているものを選ぶとより自然に色が目になじんでハーフ顔に近づくことができます。
カラコンを付けるだけで誰でもすぐにハーフ顔になれるというものではないので、もともとの自分の顔はもちろん、メイクやヘアスタイル・カラーリングなど、トータルでコーディネートすれば、あなたが理想とする憧れのハーフ顔になることができるでしょう。

 

ハーフ顔ワンデーカラコン一覧へ

 

 

調査の結果、一番人気のカラコン通販はココでした